恒徳工業ホーム技術分野サンドイッチ成形 | Re-PET成形 | G.C.P成形 | P.F.P成形
G.C.P成形
GCP成形法の発泡倍率はPS・ABS材料では5%以下であるため、強固な表面スキン層の形成に伴い成形品強度の低下はなく、ソリッド成形品と同等の物性を示します。
下表はその比較値を示します。

使用樹脂:エスチレンABS300(タイプ:X1S)
発泡倍率:1.048
一般物性単位ソリッド成形品GCP成形品
引張り強さMPa
(kgf/cm2)
45
(460)
45
(460)
引張り歪み2523
曲げ強さMPa
(kgf/cm2)
72
(730)
71
(720)
曲げ弾性率MPa
(kgf/cm2)
2470
(25,200)
2450
(25,000)
IZ衝撃強さkJ/m2
(Kgf-cm/cm2)
9.8
(10.0)
9.6
(9.8)

一般に発泡成形品の製品物性値は同一肉厚の場合、発泡倍率に反比例し低下します。しかし、ソリッド成形品の肉厚が一般的に3mm以下で使用されるのに対し発泡成形品は5mm以上で使用されるので、肉厚効果により成形品強度は大幅に向上します。