恒徳工業ホーム技術分野サンドイッチ成形 | Re-PET成形 | G.C.P成形 | P.F.P成形
G.C.P成形

一般低発泡成形法

樹脂に発泡剤を加えて射出成形すると、成形品内部に体積収縮分に相当する起泡力が発生し、成形品表面のヒケを防ぐことが出来ます。
しかし樹脂流動先端部で発泡ガスの気泡が飛び出し成形品表面にスワールマーク(渦巻模様)を作り、成形品表面が荒れてしまいます。
一般低発泡成形法

GCP成形法

GCP成形法は、樹脂に発泡剤を加えて金型内に射出する直前に、金型内を発泡圧力以上のガスで加圧します。次に発泡剤入りの樹脂を金型内に射出するため、樹脂流動先端部で発泡ガスの気泡が飛び出さず成形品表面は平滑面が得られます。発泡性樹脂を充填完了後に金型内の加圧ガスを金型外に抜くと成形品内部に体積収縮分に相当する起泡力が発生し、成形品表面のヒケを防ぐことが出来ます。
GCP成形法

発泡ガスに対抗するガス圧力を与える成形法をガスカウンタープレッシャー法といいます。